川石理論と学習曲線 お母様のお力添えが不可欠です。

川石理論」というユニークな考え方に触れたのは1年ほど前のことです。「川石理論を乗り越えろ!」という題名のブログでした。このブログの書き手は、私が大変お世話になっている堀哲嘉先生で、この理論は堀先生が考え出された独自のものです。内容はアイキャッチの画像の通りなのですが、経験に裏打ちされたものだけに、強い説得力があります。この理論通り努力をすれば必ず良い結果が出ます。でも、現実は、なかなか難しいのです。とういうのは次の理由があるからです。

勉強しなかった子がやっとしはじめたときの頭の中の状態が、川底に石を置き始めたときで、これが図の①にあたります。それを続けてゆくと、②のように石が積み上げられてゆきます。でもまだ水面には出てきていないので見えません。いわゆる、勉強を一生懸命しているのに思うような結果が出てこない時期です。ここで大きなハードルがあるのです。それは、あともう少しで結果が見えてくる③の段階に入る寸前で起きることが多いというパターンは、どの塾でも抱えていることです。それは、次の2つのパターンが起きることなのです。

そのひとつ目が、あともう少しなのに子どもさん自身が耐えきれなくなり、塾を辞める理由を探し出して親御様に訴えること。二つ目が、その訴えを聞いた親御様が慌てるか同じようにしびれを切らせて、お子様の訴え通り退塾の連絡をしてきて、(わが子を)他塾へ転塾させるというものです。塾開設以来28年間にわたり様々な親子を拝見してきましたが、子どもさんの学習への意識レベルは、そのまま親御様、特にお母様の意識レベルと同調していることが圧倒的に多いように思います。

どんなに優れた指導者がいる塾であろうと、お子様の成績が、まるでジェット機が離陸するみたいに右肩上がりのベクトル(一直線)を描くことは、まずあり得ないことで、子どもさんが学習に対するある程度のレベルの要領を得るまでには、少なくとも半年以上の時間がかかるのです。その期間は、例えば、英語に注力すれば数学が下がり、数学に注力すれば今度は英語が下がるというシーソーのような状態が続きます。でも、全く勉強して来なかった子であっても、ある日から勉強をしはじめ、そのまま続けている限り、水面下ではちゃんと川石が積み上げられているのです。ただ、まだまだ見えてこないだけ。ここを乗り越えられるかどうかは、お母様がお子様にどう接していただけるかで決まります。

お母様の出番です! ぜひお力添えをお願い致します。

※ アイキャッチの図中の「学習曲線」も堀先生が示されたものです。堀先生のブログは「成績110番」でご覧になれます。ぜひご一読下さい。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中